管理人のページ(トップページ)
ディープな京都 小松山積聚苑
ディープな京都 かわきた分流堤
ディープな秘境 旧福知山線の廃線をとことん探索
当ページ
白川・琵琶湖疏水分流
五山送り火 火床めぐりの5「大文字」

ディープな京都

北白川の丸山


所在地:京都市左京区北白川丸山町

北白川丸山の地図




 ずいぶん昔からだけど、気になってた山があった。北白川の丸山町にある小さい山。お椀を伏せたような形の山

 なぜか登ったことがなかった。登れないんだ。改めて調べてわかったが、立入禁止だった。


丸山のゲート

 唯一の入口がこれ。厳重に見えるけど、入れなくもない。

 掲示には「みんなで防ごう‥‥墜落災害 関係者以外立入禁止」「駐車禁止(中略)京都市風致保全課」とあります。公有地らしいことがわかりました。


丸山の登り道

 道はこんなふうで歩きやすい。


丸山の頂上

 山頂は広場です。手入れされている。しかし見事なほど何もない。史蹟らしきものや宗教の気配を残すものが何かあると期待してたのですが。なんらかの表示はゲートの注意書きしかなかったことになる。


コンクリート擬木の階段

 あちこちに擬木の階段はありますが、どこかに行けるというものでもありません。なにしろ山の周囲は切り立った崖のようであり、下りられるわけもないのです。


白川を見下ろす

 下に白川が流れている。


丸山急傾斜地崩壊危険区域

 下の道路にこんな掲示がありました。ここは、山だけでなく、ぐるり取り巻く道路もかなり高い位置にあるのです。こんなとこに家建てること自体、間違ってるよな。


丸山

 丸山の全景が見えるポイントがないんです。これは一部だけです。下に白川が流れてます。


丸山の壁

 丸山の際はこんなふうに直立した壁のようになっています。侵入路がないということ、理解していただけましたでしょうか。



お茶目なシーサー

 おまけです。麓の町にこんなものがありました。シーサーでしょうか。陶器の工房らしい。こいつを山頂に安置しとけば、参拝者にご利益がある、かな?


2020.3.20