有名な聖歌、賛美歌、ゴスペル

映画によく使用されている歌をピックアップしています。
( )内は使用された映画の代表例
どなる側のざわめき
拡大視聴する場合はYouTubeから(誤作動の恐れがあるので)。
ただしYouTubeからの視聴では広告が入りまくりを承知の上で。
このiFrame埋め込みページには広告が入りません。
from: 2021.2.19

トップページ
音楽用語辞典
映画に使われたクラシック音楽
クラシックが使われている映画
映画に使われていない名曲あれこれ
映画に愛された名曲セレクト 声楽曲篇
映画に愛された名曲セレクト 管弦楽曲篇
映画に愛された名曲セレクト 室内楽曲篇
有名なクリスマスソング
このページ

 『グレゴリオ聖歌』〈ディエス・イレ(怒りの日)〉
 6/25
 (第七の封印、シャイニング)
 『日暮れて四方は暗く Abide With Me』
 4:52
 (シェーン、マグノリアの花たち)
 『すぎにしむかしも O God, Our Help In Ages Past』
 『聖アン St. Anne』
 2:37
 (永遠のアフリカ)
 『エサイの根より Flos de Radice Jesse』
 『一輪のバラは咲きて Es ist ein Ros' entsprungen』
 2:22
 (希望の灯り、海に落ちたピアノ)
 『天には栄え Hark! The Herald Angels Sing』
 3:31
 (離愁、運命の逆転、結婚ゲーム)
 『あら野の果てに Gloria in Excelsis Deo』
 『あめのみつかいの Les anges dans nos campagnes』
 3:03
 (紙の月、愛する、蟻の街のマリア)
 『神の御子は今宵しも O Come, All Ye Faithful』
 8:35
 (この世界の片隅に、アパートの鍵貸します)
 『天なる神には It Came Upon the Midnight Clear』
 4:49
 (メイム叔母さん、コンドル)
 『ああベツレヘムよ O Little Town of Bethlehem』 
 3:05
 (シザーハンズ、ブギーナイツ)
 『血潮したたる主の御頭 / Befal du dine veje』
 4:15
 (コロニア、愛と哀しみの旅路、海と毒薬)
 『つかれたるものよ』
 I heard the voice of Jesus say
 2:50
 (使用映画なし)
 『ロック・オブ・エイジ Rock of Ages』
 2:24
 (戦場のメリークリスマス、ペーパー・ムーン)
 『いつくしみ深き友なるイエスは』
 What a Friend we have in Jesus
 2:55
 (二十四の瞳、嫌われ松子の一生、トゥルー・グリット)
 『主よ、みもとに近づかん Nearer, My God, to Thee』
 4:37
 (スウィング・キッズ、少年H)
 『牧主わが主よ Savior, Like a Shepherd Lead Us』
 2:40
 (若い人)
 『見よや、十字架の旗高し』
 Onward, Christian Soldiers
 2:41
 (M★A★S★H、素晴らしき戦争)
 『神とともにいまして』
 God Be with You Till We Meet Again
 3:47
 (壁あつき部屋、ひばりの陽気な天使、私は貝になりたい)
 『主われを愛す Jesus Loves Me, this I know』
 2:36
 (南京の基督、男はつらいよ ハイビスカスの花)
 『なつかしくも浮かぶ思い』
 One Sweetly Solemn Thought
 2:39
 (原爆の子、ビルマの竪琴(1985))
 『主はわが牧者 The lord is my shepherd』
 3:47
 (追いつめられて…、戦場のメリークリスマス)
 『世の人忘るな(互いに喜び)』
 God Rest Ye Merry Gentlemen
 3:15
 (ポケット一杯の幸福、アニー・ホール)
 『ひいらぎとつた』
 The Holly and the Ivy
 3:08
 (ギヴァー 記憶を注ぐ者、スカートの翼ひろげて)
 『飼いばおけにすやすやと Away in a Manger』
 2:05
 (ベイブ、秘密の絆)
 『ひいらぎ飾ろう Deck the Halls / Jolly Holly』
 2:01
 (フォー・フレンズ 4つの青春、ラ・ラ・ランド)
 『まもなくかなたの Shall We Gather at the River?』
 4:33
 (駅馬車、小さな巨人、ワイルドバンチ)
 『あめのきさき(天の后)』
 Immaculate Mary
 3:31
 (海の花火、聖処女、母と暮せば)
 『イェルサレム Jerusalem』
 3:31
 (長距離ランナーの孤独、炎のランナー)
 『Swing Low, Sweet Chariot』
 2:59
 (フロント・ページ、ええじゃないか)
 『深い河 Deep River』
 3:30
 (太陽は光り輝く)
 『ダウン・バイ・ザ・リバーサイド』
 Down by the Riverside
 3:30
 (プライベート・ベンジャミン、プレンティ)
 『時には母のない子のように』
 Sometimes I Feel Like a Motherless Child
 5:22
 (少年の町、あいつと私)