映画に愛されたポピュラー音楽

堀田幸司
映画によく使用されているポピュラー音楽をピックアップしています。

拡大視聴する場合はYouTubeから(誤作動の恐れがあるので)。
ただしYouTubeからの視聴では広告が入りまくりを承知の上で。
このiFrame埋め込みページには広告が入りません。
from: 2022.4.26

トップページ
音楽用語辞典
映画に使われたクラシック音楽
クラシックが使われている映画
映画に使われていない名曲あれこれ
このページ

 作曲者インデックス(作曲者の五十音順)
              
             作曲者不詳 

ハロルド・アーレンHarold Arlen
『イッツ・オンリー・ア・ペーパー・ムーン It's Only a Paper Moon』
2:36
(ペーパー・ムーン、ファニー・レディ、プリティ・リーグ)
エグバート・ヴァン・アルスタインEgbert Van Alstyne
『林檎の樹の下で In the Shade of the Old Apple Tree』
2:53
(オズの魔法使い、嵐の青春)
ルロイ・アンダソンLeroy Anderson
『ワルツを踊る猫 The waltzing cat』
2:44
(転校生)
ルロイ・アンダソン
『そり滑り(そり遊び)Sleigh ride』
2:54
(めぐり逢えたら、キャスト・アウェイ、キスキスバンバン)
ルロイ・アンダソン
『狂った時計 The Syncopated Clock』
2:20
(ホーリーマン、プライベート・パーツ)
ルロイ・アンダソン
『ブルータンゴ Blue Tango』
2:58
(私に近い6人の他人、ベティ・ペイジ、ラ・バンバ)
レオン・イェッセルLeon Jessel
『おもちゃの兵隊の行進 Parade der Zinnsoldaten』
3:24
(生きる、北極の道化者)
クルト・ヴァイルKurt Weill
『マック・ザ・ナイフのバラード Mack the Knife』
3:09
(甘い生活、クイズ・ショウ、ウディ・アレンの影と霧)
ジョセフ・ウィナーJoseph Winner
『茶色の小瓶 Little Brown Jug』
3:12
(アパートの鍵貸します、グレン・ミラー物語、八十日間世界一周)
ヤロミール・ヴェホタJaromír Vejvoda
ウラディーミル・A・ティムWladimir A. Timm
『ビヤ樽ポルカ Beer Barrel Polka』 
2:19
(地上より永遠に、心みだれて、マルクス兄弟珍サーカス)
サミュエル・A・ウォードSamuel A. Ward
『アメリカ・ザ・ビューティフル America the Beautiful』 
3:11
(マイ・プライベート・アイダホ、今そこにある危機、弾丸特急ジェットバス)
ハイドン・ウッドHaydn Wood
『ピカルディのバラ Roses of Picardy / Rose de Picardie』
4:05
(素晴らしき戦争、インドへの道、ひと月の夏)
ダニエル・エメットDaniel D. Emmett
『ディキシー I Wish I Was in Dixie / Dixie's Land』
3:48
(、、)
ラルフ・エルウィンRalph Erwin
『奥様お手をどうぞ Ich küsse Ihre Hand, Madame』
3:55
(奥様お手をどうぞ、男はつらいよ 寅次郎の縁談、ジャスト・ア・ジゴロ)
ジョージ・ガーシュウィンGeorge Gershwin
『サマー・タイム Summertime』
2:52
(ブルーに生まれついて、ふたりにクギづけ、いつか誰かが殺される)
ジョージ・ガーシュウィン
『アイ・ガット・リズム I Got Rhythm』
3:24
(ひとりぼっちの青春、ハナレイ・ベイ、陽のあたる教室)
ルイ・グリェーミLouis Gugliemi
『チェリー・ピンク・チャチャ Cerisier rose et pommier blanc』
または『セレソ・ローサ Cerezo Rosa』 
3:20
(私のパパはマフィアの首領、アイリス)
フランク・クルーミットFrank Crumit
『ゲイ・キャバレロ A Gay Caballero』 
3:29
(エノケンの千万長者)
エルネスト・デ・クルティスErnesto de Curtis
『帰れソレントへ Torna a Surriento』
3:09
(ブロードウェイのダニー・ローズ、ラッキーカフェ、共喰い)
ヤコブ・ゲーゼJacob Gade
タンゴ『ジェラシー Jalousie / Celos』
3:43
(アタメ、サイレント・ムービー、シンドラーのリスト)
カレル・コムザーク2世Karel Komzák II
ワルツ『バーデンの娘たち Bad'ner Madl'n』
3:06
(悲愁)1979
モイセス・シモンMoisés Simons
『南京豆売り El Manisero / The Peanut Vendor』 
2:48
(ギター弾きの恋、さすらいの航海、女人哀愁)
スコット・ジョプリンScott Joplin
『ジ・エンターテイナー The Entertainer』
3:52
(スティング、四季ユートピアノ、ダニー・ザ・ドッグ)
ショロム・セクンダSholom Secunda
ジャズ『素敵なあなた Bei Mir Bist Du Schön』
4:09
(終電車、パピヨン、ニル・バイ・マウス)
チロ・ダミッコCiro Dammicco または ザカーZacar
『哀しみのソレアード Soleado』
4:08 (ガンズ&ゴールド、ヨコハマメリー)
ジョゼフ・デイリーJoseph M. Daly
『チキン・リール Chicken Reel』
2:33
(トムとジェリーの宝島、デカ吉チビ助のニワトリ狩り)
ピエール・ドジェイテールPierre Degeyter
革命歌『インターナショナル L'internationale』 
3:22
(カメレオンマン、中国女、暗殺の森)
ウォルター・ドナルドソンWalter Donaldson
『私の青空 My Blue Heaven』
2:34
(エノケンの千万長者、妻よ薔薇のやうに、五つの銅貨)
シャルル・トレネCharles Trenet
『ラ・メール La Mer』または『ビヨンド・ザ・シー Beyond the Sea』
4:12
(シー・オブ・ラブ、赤い航路、潜水服は蝶の夢を見る)
ハーマン・ネッケHermann Necke
『クシコスポスト Csikós』
2:35
(トウキョウソナタ)
アーヴィング・バーリンIrving Berlin
『ゴッド・ブレス・アメリカ God Bless America』
1:59
(ディア・ハンター、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ、真珠湾攻撃)
アーヴィング・バーリン
『チーク・トゥ・チーク Cheek to Cheek』
4:52
(カイロの紫のバラ、トップ・ハット、ジンジャーとフレッド)
ウェルナー・ハイマンWerner Richard Heymann
『唯一度だけ Das gibt's nur einmal, das kommt nie wieder』
3:13
(会議は踊る、ちいさな独裁者、隣りの八重ちゃん)
ロス・バグダサリアンRoss Bagdasarian
『家へおいでよ(うちへおいでよ)Come on-a My House』
2:01
(生きる、MISHIMA、青春ジャズ娘)
ジョージ・プールトンGeorge R. Poulton
『オーラ・リー Aura Lee』
または『ラブ・ミー・テンダー Love Me Tender』
2:08
(長い灰色の線、ワイルド・アット・ハート、プリティ・ブライド)
ティト・プエンテTito Puente
『僕のリズムを聞いとくれ Oye Como Va』
4:52
(バッドボーイズ フォー・ライフ、シェフ 三ツ星フードトラック始めました)
スティーヴン・フォスターStephen Foster
『ハード・タイムス Hard Times Come Again No More』
4:58
(ネオン・バイブル、エリザベスタウン、サバイバルファミリー)
スティーヴン・フォスター
『主人は冷たい土の中に Massa's in de cold ground』
3:45
(虹を掴む男、ホワイトハンター ブラックハート、東京物語)
スティーヴン・フォスター
『バンジョーをかき鳴らせ Ring de Banjo』
2:17
(地獄への逆襲、アリゾナの襲撃、懐しのスワニー)
スティーヴン・フォスター
『金髪のジェニー Jeanie with the light brown hair』 
3:28
(ここに泉あり、スミス都へ行く、風と共に去りぬ)
ルイ・プリマLouis Prima
『シング・シング・シング Sing, Sing, Sing With a Swing』
5:23
(スウィング・キッズ、マジェスティック、ダンス・ウィズ・ミー)
マヌエル・マリア・ポンセManuel Maria Ponce
『エストレリータ(小さな星)Estrellita』
3:15
(ナイトクローラー、赤い薔薇ソースの伝説、かれらに音楽を)
ジョージ・マイナーGeorge A. Minor
『Bringing in the sheaves』 
3:01
(ファイヤークリークの決斗、小さな巨人、狩人の夜)
フランク・ミーチャムFrank W. Meacham
『アメリカン・パトロール American patrol』 
3:14
(グレン・ミラー物語、さらば冬のかもめ、ラジオ・デイズ)
リチャード・ミルバーンRichard Milburn
『Listen to the Mockingbird』 
4:04
(恐怖の一夜、虹を掴む男、今宵よ永遠に、天国は待ってくれる)
ヴィットリオ・モンティVittorio Monti
『チャルダーシュ Csárdás』
3:30
(暗黒街の顔役、北京ヴァイオリン、殺したいほど愛されて)
ヴィンセント・ユーマンスVincent Youmans
『二人でお茶を Tea for Two』
2:20
(ハリーとトント、マンボ・キングス わが心のマリア、インドへの道)
ジャンゴ・ラインハルトDjango Reinhardt
『マイナー・スウィング Minor Swing』
2:39
(トリコロールに燃えて、ジュリー&ジュリア、アリゾナ・ドリーム)
ジャン・ルノワールJean Lenoir
『聞かせてよあまい言葉を Parlez-Moi D'Amour』
3:01
(Uボート、カサブランカ、クリクリのいた夏)
フレッド・レイモンドFred Raymond
『小さな喫茶店 In einer kleinen Konditorei』
3:06
(歌ふエノケン捕物帖、素晴らしき日曜日)
『ムシデン Muss I denn / Abschied)』
2:38
(Uボート、スパイ・ゾルゲ、今ひとたびの)