極楽news No.160    2023.1.25
Contents
 ・『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』
 ・『エスター ファースト・キル』
 ・女性監督が増えている
 ・YouTube投稿の『赤とんぼ』

………………………………………………………………………………………………………
◎公開中の新作から『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』2022年度作品
………………………………………………………………………………………………………

 監督:パク・デミン
 出演:パク・ソダム、ヨム・ヘラン、キム・ウィソン、チョン・ヒョンジュン、
    ソン・セビョク、キム・ドゥシク、ほか
 配給:カルチュア・パブリッシャーズ
 原題:Special Delivery / Teuksong

 『パラサイト半地下の家族』の長女役、パク・ソダム主演のアクション映画。ゆる
い顔立ちの彼女がハードなアクションに挑むというギャップ感が新鮮です。

 予告映像などで見た冒頭のカーアクションが一番の見どころで、あとは尻すぼみ、
という予想は外れた。韓国のアクション映画がこのレヴェルを続けられるなら、ハリ
ウッドのアクション映画は、もういらんかな、という気もする。

 無表情なヒロインが次にどういう行動を取るかが見通せない。あえて伏線を張らず、
瞬発的なアクションで映画を語っているかのようだ。

 韓国映画は善悪がはっきりしている。中間が存在しないことで実にわかりやすい。
悪いやつはとことん悪辣で、成敗せねば許せない感じ。韓国映画では「悪が勝つ」は
ほとんどない(『The Witch 魔女』ぐらい)。この映画でも、悪党たちを一人残らず
コテンパンに始末してしまいます。

 一つ残念だったのは、あまりにも無理筋すぎるエンドです。そこんところはもうち
ょい慎重に作ってほしかった。


………………………………………………………………………………………………………
◎ これは驚き、という映画
………………………………………………………………………………………………………

『エスター ファースト・キル』
   3月公開 2022年度作品
   監督:ウィリアム・ブレント・ベル
   出演:イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ヒロ・カナガワ、ほか
   配給:ハピネットファントム・スタジオ
   原題:Orphan: First Kill

 スリラー映画『エスター』(2009年)の前日譚。なので、前回同様、イザベル・
ファーマンが主演です。そして今回は10歳の役。当人は現在、25歳です。予告篇
は見たけど、どんなふうにして10歳になりおおせてるのかを見たい。

 そういや、当時二十代だったジュヌヴィエーヴ・ビジョルドも、『愛のメモリー』
(1976年)で、10歳ぐらいの少女と大人の時とを一人で演じていた。あれもスリ
ラー映画だ。


………………………………………………………………………………………………………
◎ 映画あれこれ……… 女性監督が増えている
………………………………………………………………………………………………………

 『シー・セッドその名を暴け』は女性中心の物語ですが、監督も女性。このところ
女性監督が目につくように感じます。最近一年間に観た映画の監督を調べました。

 結果、三分の一にも満たなかったのですが、かなり多い印象。23人です。多くな
るけど、リストアップします。

ノラ・フィングシャイト『消えない罪』
セリーヌ・ヘルド『きっと地上には満天の星』
シアン・ヘダー『コーダ あいのうた』
アンナ・フォースター『LOU ルー』
コーキー・ギェドロイツ『ビルド・ア・ガール』
ソ・ユミン『君だけが知らない』
エリザベス・ロー『ストレイ 犬が見た世界』
ジェーン・カンピオン『パワー・オブ・ザ・ドック』
イルディコー・エニェディ『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』
オリヴィア・ワイルド『ドント・ウォーリー・ダーリン』
マギー・ギレンホール『ロスト・ドーター』
ナンシー・マイヤーズ『マイ・インターン』
レベッカ・ホール『Passing 白い黒人』
タナダユキ『マイ・ブロークン・マリコ』
フェルナンダ・バラデス『息子の面影』
オリヴィア・ニューマン『ザリガニの鳴くところ』
リズ・ガーバス『ロストガールズ』
ロリー・ケネディ『地に落ちた信頼 ボーイング737MAX墜落事故』
モニカ・ミッチェル『傲慢な花』
井樫彩『あの娘は知らない』
レア・ミシウス『ファイブ・デビルズ』
ロアン・フォンイー『アメリカから来た少女』
マリア・シュラーダー『SHE SAID シー・セッド その名を暴け』

 『マイ・インターン』以外はほぼ新作。女優の監督作も目立つようになりました。


………………………………………………………………………………………………………
 近況など……… YouTube投稿の『赤とんぼ』
………………………………………………………………………………………………………

 去年の12月14日、YouTubeに投稿した防災無線スピーカーによる『赤とんぼ』
の視聴者数が6000を超した。それまでに投稿した他のYouTube映像すべての視聴
者数は7000あまり。今もハイペースで増えていってるので、近々そのラインを超え
そうです。1万件突破も視野に入っています。

 実のところ、どうしてこの映像だけが好調を維持してるのか、要因はさっぱりわかり
ません。映像としての出来映えはまずまず。大傑作ではありません。
https://youtu.be/l864vIvOQ4M


船越 聡
https://funakoshiya.net/index.html
極楽page

「裏百景」1/21 長岡京市の境界線上を歩く
「ヤマレコ山行記録」1/19 一本の木を探して(天王山にて)
「生活図鑑」1/10 風鈴
「ヤマレコ山行記録」1/3 伏見〜東山 裏トレイルコース
「ヤマレコ山行記録」12/30 カモの楽園、番田井路
「映画カフェ」2/23(木・祝)開催決定

『パーフェクト・ドライバー』・・・・・・・・ほぼパーフェクト
『シー・セッドその名を暴け』・・・・・・・・・・気合い充分!
『ファイブ・デビルズ』・・・・・・・・・ラストで救われた気が
『ケイコ 目を澄ませて』・・・・・・・・・・・・じわっと感動
『MEN  同じ顔の男たち』・・・・・・・・・・・シビアなホラー
『ある男』・・・・・・・・・・・・ぐっとヘヴィーに迫ってくる
『ザリガニの鳴くところ』・・・・・・・・・納得のエンディング
『グッド・ナース』・・・・・・・・・・・・・・底知れぬ闇が…
『ドント・ウォーリー・ダーリン』・・・・・主演女優賞を狙え!
このあとは『エスター ファースト・キル』に期待

「極楽」トップページ

当ページ

極楽news 2022年

極楽news 2021年

極楽news 2020年

極楽news 2019年

極楽news 2018年

極楽news 2017年

極楽news 2016年

極楽news 2015年

極楽news 2014年

極楽news 2013年

極楽news 2012年

極楽news 2011年

極楽news 2010年

極楽news 2009年

極楽news 2008年

極楽news 2007年

極楽news 2006年